弦楽亭ロゴ
八木のぶお

八木のぶおプロフィール

関連サイト
1952 年東京生まれ
14 歳からブルースハープを独学で始め、クロマチック・ハーモニカを崎元譲氏に師事。

70 年代後半から 80 年代

日本のフュージョン界をリードしたカーティス・クリーク・バンドで活躍し、 TV 「北の国から」「探偵物語」等のテーマ演奏も手がける。
90 年代前半国内のライブ活動をはじめ、ニューオリンズ・ヘリテッジ・ジャズ・フェスティバルへの 3 年連続出演、ドクタージョン、ネビル・ブラザーズとスタジオ・セッションでの共演、 3 週間に及ぶ東ヨーロッパ・コンサート(外務省後援・国際交流基金主催)など、国際的な活動を展開。
また、北野武監督「 HANABI 」のサウンドトラック(音楽:久石譲)、サイトウキネンフェスティバル武満徹メモリアルコンサートにおける小室等との共演、世界的舞踏家田中泯をはじめとする各国アーティストが集まる「アート・キャンプ白州」でのパフォーマンスなど、ジャンルを超えたその活動は新たなハーモニカファンを開拓し、筑紫哲也の TV 「ニュース 23 」のエンディングテーマ(詩・曲武満徹、歌石川セリ)での演奏はハーモニカの癒しのフレーズとして多くの人々を魅了した。

90 年代後半から 2000 年代

土岐英史、難波弘之、鳴瀬喜博等と堀井勝美プロジェクトへの参加。
サザンオールスターズ「くればわかる!」コンサートに嘉門雄三ブルースクインテット with 八木のぶおで参加。名古屋 JAZZ IS MY LIFE コンサートに、井上信平、高橋ゲタ夫、中西俊博らとともに 3 年連続出演。渡辺貞夫、ヤヒロトモヒロ、井上揚水、小室等等と坂田明ミジンコクラブコンサートに出演。那須が原ハーモニーホールでの小室等、ムッシュかまやつ、森山良子と共演。武満徹記念館(エコール御代田)完成記念コンサートで小室等、荘村清志と共演。武満徹全集(小学館)への参加。
横浜 BLITZ オープニングコンサートで、ミッキー吉野、吉田美奈子、ジョー山中、エディー藩等と共演。ゴールデン・カップス「 ONE MORE TIME 」完成記念コンサート(横浜赤レンガ館)への出演。石川さゆり青山劇場コンサート。吉田美奈子 STB コンサートへのゲスト出演。コジ・カナ・ツル(小島良喜、金澤英明、鶴谷智生)BLUES ALLEY ライブへのゲスト参加。TV 「夢・音楽館」で矢沢栄吉と共演。大黒摩季 NHK ホールコンサート「 HAPPINESS 」へゲスト出演。NHK TV 「音楽・夢・クラブ」で小椋桂と共演。岩代音楽館で岩代太郎、渡辺真知子と共演。上々台風 25 周年コンサートへゲスト出演。「星になった少年」(音楽:坂本龍一)のサウンドトラック参加。フランスのハーモニカ奏者、 J.J.ミルトージャパンツァーでの共演。愛知万博地球市民村での演奏。ジョー山中 with AMIGO'S(大山大吾郎・田中晴之・山田はるぞう)でライブツァーを展開。

Entrans(井上堯之、ミッキー吉野、鳴瀬喜博、ヒダノ修一)、 LOW RIDERS(高橋ゲタ夫、チッコ相馬、羽仁知治、ジョージ平沢)、 HARP MADDNESS(KOTEZ,照本史)等ではオリジナルメンバーとしても活躍中である。

スタジオ・セッション、レコーディング・サポートは美空ひばり、松任谷由美、松田聖子、尾崎豊、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、近藤房之介、小室等、憂歌団、中島みゆき、原由子、今井未樹、仲井戸麗市、大貫妙子、上田正樹、井上陽水,小山田圭吾、南佳孝、槇原敬之、松山千春、福山雅治、杏里、玉置浩二、大沢誉志幸、氷室京介、平井堅、鷺巣詩郎、浜田省吾、柳ジョージ、エディー藩、ドリーム・カム・トゥルー、中島みゆき、ゆず、スピード、渡辺美里、 COBA 、 EPO 、角松敏生、大滝栄一、高橋ユキヒロ、佐藤博、永井隆、溝口肇、ジャパハリ・ネット等、数え切れない程であり、日本のミュージック・シーンでの個性的シンガー、演奏家達にとって無くてはならない存在である。