弦楽亭ロゴ
スヴェトリン・ルセフ

スヴェトリン・ルセフ プロフィール


1976 年ブルガリア・ルセに生まれる。5 歳よりルセ音楽院に学び、後にパリ国立高等音楽院及びパリ・エコール・ノルマルでジェラール・プーレ、ドゥヴィー・エルリー、ジャン=ジャック・カントロフ等に師事。インディアナポリス国際、メルボルン国際室内楽、ロン=ティボー国際等での受賞を誇り、2001 年には第1 回仙台国際音楽コンクールで優勝、併せてバッハ賞、駐日フランス大使賞、聴衆賞も受賞した。

これまでチョン・ミョンフン、ユーディ・メニューイン、レオン・フライシャー、マレク・ヤノフスキ、ジョン・アクセルロッド、フランソワ=グザヴィエ・ロトなどの指揮の下、ソリストとして世界各地で高い評価を得、室内楽の分野では、ジャン=マルク・ルイサダ、エリック・ル・サージュ、フィリップ・カサール、アントワーヌ・タメスティ、クサヴィエ・フィリップス、ポール・メイエ、フィリップ・ベルノルトなどと共演を重ねている。また、モンペリエ、クフモ、 オランジェリー・ドゥ・ソー、ラ・ロック・ダンテロンなどヨーロッパ各地の国際音楽祭にも頻繁に招かれており、ヴァル・ディゼールのクラシック音楽祭では共同制作者も務めている。

録音は、ブルガリアの作曲家、パンチョ・ヴラディゲロフの作品集、カール・アマデウス・ハルトマンのヴァイオリン協奏曲「葬送協奏曲」(アリ・ヴァン・ベーク指揮、フランス・オーヴェルニュ管弦楽団)などのほか、2009 年にはイザイ、フランクなどの作品を収録した“De l'Ecole Franco-Belgedu Violon”が発売された。

2000 年からフランス・オーヴェルニュ管弦楽団のコンサートマスターを務めた後、05 年にフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。音楽監督チョン・ミョンフンからは絶大なる信頼を得ており、07 年からはソウル・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演コンサートマスターも任されている。来日も多く、2009 年2 月にはサントリーホールで東京フィルハーモニー交響楽団と共演(指揮:チョン・ミョンフン、ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲)、3 月にはHakuju Hall で本格的なリサイタルも開催し、両公演とも、その揺るぎないテクニックと豊かな表現力が絶賛された。2006 年、ブルガリアの“ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー”に選ばれ、2007 年にはブルガリア文化省より“La Lyre de Crystal”(クリスタル・リラ)が贈られた。2008 年9 月、カントロフの後任としてパリ国立高等音楽院の教授に就任、後進の指導にもあたっている。

使用楽器は、1720 年製Amati-Stradivarius(Amundi より貸与)。