弦楽亭ロゴ
早川りさこ

早川りさこプロフィール

公認サイト
東京芸術大学付属高校を経て、東京芸術大学に学ぶ。卒業後渡米し、インディアナ大学教授スーザン・マクドナルド女史に師事。
1991年<第3回日本ハープコンクール>で優勝
1991年、92年にサンフランシスコのハープフェスティバルに招かれ、招待演奏を行う
1992年<福井音楽賞コンクール>最優秀演奏賞受賞
1993年、東京文化会館にて文化庁助成によりデビュー・リサイタルを開催
1996年9月、スペインのマドリードで行われた<第2回アルピスタ・ルドヴィコ・スペイン国際ハープコンクール>で優勝
など、極めて注目される成績を残してきた。
2001年のパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)では、ウィーンフィルのメンバーとともに講師として指導、演奏を行う。
2001年7月、NHK交響楽団入団。
2000年、2001年には小澤征爾氏率いるサイトウキネンオーケストラのマーラー演奏会シリーズ、レコーディング、アメリカ演奏旅行に参加し、そ の後もたびたび出演している。
2005年、7月霧島国際音楽祭では、フルートのエミリー・バイノン(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席)、ティモシー・ハッチンス(モント リオール交響楽団首席)らと室内楽を共演した。

これまでに国内の数々の主要なオーケストラにソリストとして招かれ、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、群馬交響楽団、等との共演で活動の場を広げる。
1999年6月には、NHK交響楽団のシリーズ、ミュージック・トゥモローにおいて、フルート工藤重典氏と、リーバーマン「フルートとハープの為の協奏曲」を日本初演する(指揮:秋山和慶)。2005年の同シリーズに再びソリストとして出演し、国枝春枝作曲のソプラノとハープの為の協奏 曲、「Peace on Earth」を世界初演する(指揮 タンドゥン、ソプラノ 佐竹由美)。
2004年のN響のオーチャード定期では、ワルベルク氏の指揮で、フルート工藤重典氏とモーツァルトの「フルートとハープの為の協奏曲」を演奏。
他に、ヒンデミット「木管楽器、ハープとオーケストラのための協奏曲」やアルウィン「ハープ協奏曲」の日本初演のほか、エレクトリック・ハープ でのコンサートや和楽器との共演、様々なジャンルのソリストとの共演など、年間120近いコンサートをこなし、意欲的で多彩な活動を展開している。
2006年4月より東京芸術大学附属高校及び東京芸術大学非常勤講師。