弦楽亭ロゴ
姜小青&馬平

姜小青&馬平プロフィール

姜小青公式サイト 馬平公式サイト
姜小青(ジャン・シャオチン)(中国古筝)
北京出身。幼少の頃より古筝の英才教育を受け、15歳で中央音楽学院に入学。古筝五大流派の伝統演奏を修得する。85年、北京市優秀芸術家の称号を、翌年にはアメリカでの演奏活動が認められヒューストン名誉市民の栄誉を受ける。
 来日後、坂本龍一氏のアカデミー音楽賞受賞作品「ラスト・エンペラー」のサウンドトラックに参加、同氏の国内コンサートやニューヨーク公演にも同行し、高い評価を得る。最近では、2001年「吉野魅惑体験フェスティバル」での総合プロデューサー就任、2002年奈良東大寺「大仏開眼1250年慶讃コンサート」での奉納演奏、2003年第16回「JAL音舞台」出演等、幅広く活躍している。海外公演も多数。 「エイジアンファンタジーオーケストラ」「六華仙」のメンバーでもある。
 数々のソロアルバムをリリースし、テレビ出演も多い。他に、サントリーウーロン茶のTV-CMで訳詞・歌・演奏も担当するなど、その才能を遺憾なく発揮している。

馬平(マーピン)(中国木琴、打楽器、ピアノ 他)
幼い頃からピアノを学んでいたが、10歳の時に打楽器をはじめる。
 大学は中央音楽院、卒業後「中国交響楽団」に入団。1985年、全国優秀音楽作品コンクールで優秀演奏賞受賞。在団中、アメリカ24都市を巡回公演し、高い評価を受ける。
 1988年に来日。1990年、札幌で開かれた太平洋作曲家会議PCCに参加し、数多くの作品を演奏。東京芸術大学大学院で有賀誠門氏に師事し、成績優秀につき、文部省奨学生となる。1994年、同大学修士課程修了。