弦楽亭ロゴ
中村仁美子

中村仁美プロフィール

関連サイト
雅楽演奏家。東京藝術大学音楽学部卒業。雅楽古典曲を演奏するほか、篳篥(ひちりき)で現代作品の演奏に携わる機会も多く、和洋さまざまなジャンルの音楽家やオーケストラ、舞踏家らと共演している。「伶楽舎」メンバーとして八ヶ岳音楽祭('94)、PMF札幌('97)、タングルウッド音楽祭('96)、ウルティマ現代音楽祭('97、'00)、ミュージック・フロム・ジャパン音楽祭('04)などに参加。'02年には「アンサンブル晴奈(はれな)」リーダーとしてのMFJ主催「現代に甦る雅楽」USAカナダツアーを行った。1992年〜97年に篳篥リサイタル「葦の声」、2003年からはリサイタルシリーズ「葦の風」を企画し、篳篥のソロ曲、笙・琵琶・箏・ハープ・ピアノ・パーカッションとのテュオ曲などを多数委嘱初演。生命力あふれる篳篥の音色を生かし、その未開拓な可能性を探求している。