弦楽亭ロゴ
エルデーディ弦楽四重奏団

エルデーディ弦楽四重奏団プロフィール

公式サイト
蒲生克郷(第1ヴァイオリン)花崎淳生(第2ヴァイオリン)桐山建志(ヴィオラ)花崎薫(チェロ)

1989年秋、東京芸術大学の出身者によって結成。「エルデーディ」という名前は、ハイドンの弦楽四重奏曲作品76の献呈者、エルデーディ伯爵の名前に由来している。

1989年12月、第1回演奏会。翌年3月、松尾学術振興財団より助成を受ける。1990年91年及び92年、ロンドンにおいて、アマデウス弦楽四重奏団のメンバーによるサマーコースに参加し、研鑽を積む。1990年7月、ロンドン日本大使館主催のコンサートにおいて、高い評価を得る。同年10月、東京都主催の「英国フェスティバル」に出演。1991年及び92年、松尾学術振興財団より特別奨励賞を受ける。1990年2月、NHKFMにて、モーツァルトの作品を録音。1991年9月、豊島区主催の「豊島区民芸術祭」に出演。1992年11月より翌年1月にかけて、日本室内楽振興財団の助成を受け、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン連続演奏会を開く。1993年8月、原村/リゾナーレ高原音楽祭に出演。1994年3月、TOKYOFMホールにて、演奏会開催。

1995年4月、TOKYOFMホールにて「ベートーヴェン後期とバルトーク」シリーズ第1回、同年7月には、木のアトリウムにて「クヮルテット・イタリア紀行」演奏会開催。その後、自主公演としては「ベートーヴェン後期とバルトーク」シリーズ全5回を完結、紀行シリーズは「北欧紀行」「チェコ紀行」「パリ紀行」「ロシア紀行」「イギリス紀行」「ウィーン紀行」を開催。
1995年及び97年春、秩父における、アマデウス四重奏団のメンバーによるコースに参加。
1999年8月、NHKFMにてハイドンの作品を録音。同年秋、結成10周年にあたり、ハイドンのエルデーディ弦楽四重奏曲作品76全六曲演奏会を開催。2000年には芦ノ湖音楽祭、清里音楽祭に出演。2001年3月には、初の海外公演(ドイツ、フランス)を行い、フランクフルト現地新聞紙評にて高い評価を得る。2002年には、初のCD録音を行い、2003年3月には、2度目のドイツ公演を行う。2004年、2枚目のCD録音を行う。

現在は、年2回東京文化会館での自主公演を中心に、演奏活動を行っている。